あきたキッズプログラミングアワード - 未来を変えるのは君だ!

エントリー受け付け中!

秋田からプログラミングに優れた人材発掘を目指し「あきたキッズプログラミングアワード」を開催します。「虹色アイデア部門(小学生)」「金のアイデア部門(中学生)」では、ゲームや動画などオリジナルソフトのアイデアを競います。アイデアのみでもご応募いただけます。「アプリケーション部門(小中学生)」はオリジナルアプリケーションのアイデアと完成度を競います。

3部門で開催

ゲームや動画などのソフトのアイデアを競う

多彩にきらめく虹色アイデア部門
小学生
光りかがやく金のアイデア部門
中学生

アプリケーションのアイデアを競う

未来を創るアプリケーション部門
小学生~中学生
対象

秋田県内に在住する小学1年生~中学3年生の個人または3人までのチーム

ファイナリスト

各部門5組:計15組

優勝

各部門の中から優勝各1組

MVP

全部門の中から特に顕著な活躍をしたプレーヤー1組を選出

SCHEDULE

エントリー開始
2019年12月9日(月)
エントリー締め切り
2020年1月31日(金)
1次審査
2020年2月上旬
2次審査
2020年2月下旬
ファイナリスト決定
2020年3月上旬
WEB投票
2020年3月上旬~中旬
ファイナリスト公開審査
2020年3月29日(日)inさきがけホール(観覧無料)
「ゆめを膨らませて未来を創るむん!」と話すぐらむん

ぐらむん

プログラム&プログラグ、モグラからネーミング。実現したい未来への期待がふくらむ

鼻は電波のアンテナで情報やアイデアをキャッチ。目は「0」。コードの数字であり、スタートの数字。右手はひらめきの力、ピンク。右手は分析の力、ブルー。

今はまだ、成長段階の子ども。将来はプロになって「プロぐらむん」になる。

雲(天)とモグラ(地)の力を合わせ持っている。天地(世界)を動かすことができる。

雲の要素で、カタチが自由自在。制限がなく、発想やプログラムによってどんな形も実現してくれる。「Cloud」要素で、膨大な記憶力。

モグラの要素で、探索が得意。目的を果たすためにトライ&エラーを何度も繰り返しながら試行錯誤によって解を得る。

主催
秋田魁新報社
共催
秋田大学/秋田県立大学/秋田工業高等専門学校
後援
秋田県/秋田県教育委員会/(一社)秋田県情報産業協会/(一社)共同通信社
運営協力
秋田コア ビジネスカレッジ
企画協力
秋田県子どもプログラミング教育研究会会長 廣田千明
(秋田県立大学准教授)
事務局
あきた キッズ プログラミングアワード実行委員会(さきがけデジタル内)